ブログトップ

あそび 時々 ブログ

tuspsw0056.exblog.jp

たまに書きます。

2005年 10月 13日 ( 1 )

今日は久々に晴れたな。どうやらこういう天気は10日ぶりらしい。微妙に香る金木犀の匂いもいいし!

そんな日でも大学には行く。いざ大学に行くと、人が少ない。どうやら今日は体育祭があったらしく大学は休みだったらしい。やられた!てか大学生ってのは休みには目ざといのね。ぜんぜん知らなかったよ。

でも研究室はあいてるので、一応帰らずにはすんだ。

あまりにも部屋が暑かったので、ちょっとコンビニへマガジンを立ち読みしに行った。

そして戻るとさっきまでいなかったはずの先生がいた。どうやらみんなと卒研の話をしているらしい。僕はPD(ポストドクター。博士号をとった人のバイトみたいなもの。)の人と研究をしているので、研究について先生と話すことは発表以外はない。だから先生がいてもたいしたことは無いのだが、今日はあることが起こった。

先生が軽くある人に怒っているのである。あまりにも長くなってしまうから全部は書けないけど、一番印象に残ったのは、

「研究と勉強を一緒にするな。研究は誰もやってないことをすることであって、与えられた勉強とは違う。勉強は3年生で終わったんだ。でも、勉強しなくちゃいけない時があるのだが、する時はあるものを犠牲にしてやらなくてはいけないんだ。それは遊びかもしれないし、寝ることかもしれい。それが税金を使って研究を進める大学に行く奴がやらなくてはいけないことだ。」

正直言うと、うちの先生の言うことは全部真に受けてはいけないのだが(かなりの偏見の塊だから。)、このことに関してはちょっと、へ~、と思った。

犠牲ね~。今の自分は何を犠牲にできるかな。

てか今までやってきたんじゃないか?だってテスト前なんかは遊びと睡眠は犠牲にしたでしょ、今もそうだけどお金が無いときは昼飯を犠牲にするし。なんだかんだ、犠牲にしてるものってあるもんだな~。

なんかまじめなときに聞くと大変な事に聞こえるけど、実はたいしたことではない気がする。

でもこれは、たまたま研究が嫌いじゃないからいいのかもしれないね。嫌いな人にとってはたまらないのだろう。

ここで先生の言う犠牲とは、努力して勉強しろってことなんだろう。努力を犠牲と思ったらそのことに関しては、自分にはむいてないのかもしれないね。

言い過ぎかもしれないが、今いる人の99%以上の人は何かしら努力しないといけない。と、僕はいつも思っている。

よく努力するのが嫌いと言う人がいるが、そういう人に限って人よりも努力している気がする。その人たちにとっては努力は普通のことだから、努力と感じないだけなんだろう。

そして、そう言う人たちに限って他人の努力を馬鹿にする。ほんとねー、これだけは勘弁してほしいわ。人間やってもやっても、何とかならない時だってあるんだよ!それをいちいち否定しないでほしいよ!また、そういう人に限っていわゆる上の仕事に就いてしまうのだよね。人の痛みを知らないで人のうえに立ってほしくないけど、実際はそうなってしまうのよねー。

かなり話がずれてしまった。ここで軽く愚痴っても仕方が無いね。まぁいいや。

明日はsalyuのライブに行ってきます。
[PR]
by shun_wata199x | 2005-10-13 03:35