ブログトップ

あそび 時々 ブログ

tuspsw0056.exblog.jp

たまに書きます。

2005年 11月 16日 ( 1 )

注意!

あらかじめ言っておくと、結論はたいしたこと無いです!

つけ麺の味について。

あらかじめ言っておかないと、他人の評価とごちゃごちゃになってしまうので。

まぁ、おいしいといっちゃおいしいが、なんかしょっぱい!味が濃すぎる感があります。おいしいほうだと思うけど・・・しょっぱい!


さて本題。

期待を胸に膨らませながら待っていると、これまた運良く一気に三人くらいの人が帰っていた。またしても運がいい。昼飯を少なめにしていて良かった。

店員さんがカウンターの掃除を終えて、

「お先の二名様どうぞ。」

「・・・。」

「お先の二名様どうぞ!」

「・・・。」

よそ見していた僕は、なんで二回も呼ぶんだと思いながら隣を見ると、

男が鏡を見るのに夢中になっている。

べつにたいしたことではないのかもしれないけど、二回も呼んでいるのがわからないくらい夢中に鏡を見ているのも、なんか変な気がする。そして、

「お先の二名様どうぞ!」

「・・・。」

三回目の呼びかけにも気づかず。さすがに僕が、

「あの~。さっきから呼んでいますけど。」

と声をかけました。多分、ある程度の常識(別に常識じゃなくても、普通の感覚でも)があれば、

「あっ!すいません。」

とか言いますよね(僕の知り合いはこうであることを願います)?

これがK君だったら、

「はぁ?○ねよー!」

これがR君だったら、

「あいつ、マジうざいんだけど~。」

これがK君(上とは違う。、まぁ発言でわかるでしょう)だったら、

「なるほど~。」

これがF君だったら、

「・・・。」

いきなり立ち上がり変な踊りと歌を歌い始めて、いいところでおじいちゃんに見られることでしょう。挙句の果てには質問攻めされることに。

で、本題。その男(ホントはカップル)は何をしたかというと、

完全なる無視!!

まだ変なラップを歌ったほうがいい。最近はこういう人が多くていやだ。でもいちいち怒っている自分がもうやなので、気にしないことに・・・。と思ったら隣の席になってしまいました。まだ鏡見てるし。

もう片方の席もカップルが座っていました。もう、つけ麺を食っていました。なんかおいしそうだなと思いつつも、急にトイレに行きたくなったのでトイレへ。

戻ってくるとそのカップルはいなかった。で、皿をよく見ると、

今できたんじゃないかと思うくらい残して帰りやがった!!

これは最悪!!

男「俺、マジで大食いなんだぜ~。」

女「あら、素敵!じゃあここのつけ麺の大盛りは多いけど食べられる?」

男「こんなの楽勝さ!!ははっ」

その後

女「食べられなかったじゃなーい!ぷんぷん!」

男「ここのはまずいからね。僕は高級のものしか口に合わないんだ。ははっ」

女「まぁ素敵!なんて高級な男なの!私もセレブになるわ!」

男女「あははは!」(そして夜の街に消えてゆく。)

こんなとんでもない妄想をするぐらい衝撃的なことだった。


多分だが、あまりいい評価にならなかったのは、この二つのカップル(計四人)のせいではなかろうか。またあらためて行ってみることにします。

食べものは粗末にしないように!

お詫び:作者もラーメン○郎で残したことがあります。すみません。
[PR]
by shun_wata199x | 2005-11-16 15:39