ブログトップ

あそび 時々 ブログ

tuspsw0056.exblog.jp

たまに書きます。

カテゴリ:未分類( 201 )

知っている人は知っていると思いますが、

学生の頃までは特にアウトドア系のスポーツをしておりませんでしたが、、、

ここ最近はすっかりはすっかり1年中、山やら海やらのお世話になっております。

家を出てから帰るまでを一連の流れとするならば、一番好きな情景が、

e0080257_0505644.jpg


そして、田舎道を車でゆっくり走りながら余韻に浸ること。

う〜ん、やめられませんな。。

ちなみに、ゆっくり走れば覆面に捕まることも無いそうだ。
[PR]
by shun_wata199x | 2010-07-28 00:53
ガラパゴスには大まかに2種類のイグアナがいるらしい。

リク と ウミ

最初は陸で生息していたが、陸には食べるものがなくなり海に潜った種がいるそうだ。

後にガラパゴス「リク」イグアナとガラパゴス「ウミ」イグアナに進化をしたそうだ。


なんで急にこんな話をしたのかというと、最近転職をした人がお義父さんからそういう話を聞いたそうだ。

「ガラパゴスイグアナは、生きるために陸だけでなく海にも生活圏を広げたそうだ。」

「一つの会社にいるのもいいけど、自分の世界を広げてみてもいいのでは。」

と。

最初、ガラパゴスイグアナ??と思ったけど、なかなかいい例えではありませんか。

さあ、自分はどんな生き方をするのか?それはまだわからないけど。。

ただ、今ひとついえるのはガラパゴス諸島には行きたいです。
[PR]
by shun_wata199x | 2010-07-21 01:46
サッカーワールドカップも終了したわけですが、いろいろ大番狂わせがありましたが最終的には優勝候補同士の決勝ででしたね。

スペインもこれで本物の無敵艦隊になれましたね。

にしても、個人的には少々物足りないものを感じており、それが何かが終わってからわかった気がします。

今回の大会はスター選手が多すぎたのか、それとも調整不足だったのか、突飛したスター選手が無かった。

おそらく、マラドーナ、、、、ではなくメッシがその役割を果たすはずだったのでしょうが。

そう考えるとジダンという選手がいかにすごかったか。はげてもかっこいいし。

日本も当分、中田にかわる人材はいないだろうし。。

そういう意味で言うとマラドーナは監督としても、十分なスターだったなー。



今思うと、8年前のあのCMがやっている頃が、自分の中でサッカーを見るのが最も面白かった時かも。


(2:20付近のフィーゴのものすごいボールさばきと2:30付近のロベカルのチンピラ威嚇射撃に注目)

これを見ると、このメンバーにナカタがいても全く違和感無いんだよね〜。

にしてもだ、カントナってやっぱかっこいいな。。。
[PR]
by shun_wata199x | 2010-07-16 01:40
このブログを放置してから一年経っていました。。。

皆様はお元気でしょうか。

私はというと、一年前から何も変わっておらず淡々と毎日を過ごしております。

あえて言うなら視力が良くなったのと、少し痩せました。肥満度が-18(通常-10
これはまずいので、今年は少々体力をつけなければ(筋力低下によって痩せていると思っている)。。

なので、海に行く人、山に行く人がお誘いを下さい。


あまりにも久々なのと、リニューアルを込めて題名を少々かえてみました。意味は全くありません。

ちなみに、メインの写真は「お城ボくん」です。
[PR]
by shun_wata199x | 2010-07-05 00:17
海、山、湖、友人宅

連休は遊びに遊んでしまった。

それでも遊び足りないと感じているのが本当に幸せだと思う昨今。

やりたいことは、両手じゃ抱えきれないので体全体で受け止めるしかない。


昨日お台場にある実物大ガンダムを見に行ったときに、近くの港に行ったらタンカーから荷物を降ろしている作業を見ることができた。

そのとき思ったのが、「リアルに動いているものはやっぱすごい。」

キリンの集合
e0080257_0304051.jpg













ガンダムと同じ大きさの人間
e0080257_0312145.jpg
[PR]
by shun_wata199x | 2009-07-22 00:34
まずはじめに。

焼き肉は本気を出すと本当にす強い。

そういうお店はサイドメニューも侮れないことを知った27歳。

そう、知ったと言えば会社の近くにクライミングジムがあるじゃないですか。

それが意外に面白く、近々靴やら何やらを準備して、やつらを上りつくしてやろうじゃないか。

最近、海にも行ってないのでそろそろ行きたい。さて、どうしたものか。
[PR]
by shun_wata199x | 2009-06-30 01:00
我が部屋にはテレビが無い。そのため情報収集は、すべてインターネットに頼らざるを得ない。

もう一つの情報源である携帯電話は、バグッたファミコンの様で画面に白い縦ラインが入っているせいで
かなり見にくい。

もちろん息を吹きかけて、再起動しても直らない。

そんななか気になる記事があり、そのことについて少々思ったことを書いてみようと思う。

あくまでも独断と偏見の固まりではあるし、この記事を書いている人のほとんどが興味が無いと思うのであしからず。

最近、メーカーによるバイク生産中止のお知らせが非常に気になる。

その中でも私の愛車でもあるSRというバイクが30年の歴史を終えてしまったことが非常にさみしい。

問題は、排気ガス規制と騒音規制で内容は細かくは書かないが、この2つを解決することは非常に難しいらしい。

地球環境を守るため、生活環境を守るためにはしょうがないことだし、バイクに興味の無い人間にとっては、マフラーから出る音は騒音にしか思えないのかもしれない。

そのため、バイクの種類は減らすしかなく、それが原因でバイク人口も減ることになるのは目に見えているわけで。

私の見解からすると、バイクメーカーも多少なりと開発路線を変更してほうがいいと思う。

今のメーカーは、スーパースポーツと言われるモンスターバイクの開発に終止追われている気がしてならない。

車で例えるなら、GT-Rやらフェラーリ、マクラーレンメルセデスのレベル。

この前、友人と山中湖にツーリングに行ったとき、やはりスーパースポーツバイクが多かった。

ただ、そういうバイクは140万円〜ほどするものなので、若い人がなかなか買えるものではなく、やはり中高年の人がほとんど乗っている。

基本、バイクを乗り始めるとき、そんなスーパースポーツから入門する人はまれで(よほどのぼんぼんは除く)中型の250 ~ 400ccのバイクから乗り始める人がほとんどだと思う。

車でもGT-Rから乗り始める人は、ほぼいないと思う。

今、その中型のバイクがほとんど選択肢がなく、生産中止を余儀なくされている。

このままでは、若い人がバイクを乗らなくなってきて、最終的にはスーパースポーツまでも売れなくなってくるという問題に発展してしまうような気がしてたまらない。

個人的にバイクという乗り物が非常に好きなので、消えてほしくない。


その記事の最後になかなかいいことが書いてあった。

「バイクに乗っている人なら、環境に優れた乗り物に乗っているという誇りを持っていい」

ちなみに、マフラーは少し音の出るものがいいと思う。

というのも、相手に知らせることができ事故防止に繋がるからで、当の本人もマフラーを少しうるさくしてから危ない目に遭っていない。

e0080257_231795.jpg

[PR]
by shun_wata199x | 2009-04-29 02:32
今年になって本格的にスノーボードを始めたわけですが、その理由としてあげられるのはバックカントリーをやりたいからです。

ちなみにバックカントリーとはそのまま訳すと「裏山」という意味になるのですが、要はスキー場みたいに整地されたところで滑るのではなく、2時間かけて冬山に登り10分以内で滑って下るというかなりストイックなことです。

なぜかそのチャンスが、もうきてしまい今非常に行くかどうか迷っています。

雷鳥荘:http://www.raichoso.com/

ただ、大きな問題があり「三種の神器」を持っていないという事実。。

ビーコン、プローブ、ショベル

雪崩に巻き込まれたら、これが無いとまず「デス」が待っているしな(持っていてもだめかもしれないけど)。。

そしてそろそろ海の時期なので、山から一気に海へと向かいますか。

最近遊ぶことしか考えていない毎日。
e0080257_032237.jpg

[PR]
by shun_wata199x | 2009-03-19 00:31
確か数年前は、

「昼頃に起き、大学の学食でだらだらし、深夜にラーメンを食べる。」

という何ともだめな生活をしていたはずが、最近出会った人たちは、

ある人1:やたらとおいしいものを食べてる
ある人2:カメラと遠出する
ある人3:なんでもひろってくれる(ネタ)
ある人4:アウトドア
ある人5:バイク馬鹿(改造費○百万)

そのせいで最近すっかり生活が変わってしまった。

財布はささみしくなるばかりだ。
[PR]
by shun_wata199x | 2009-01-25 01:05
先日、ひょんなことから野辺山電波天文台に行ってきました。

実際に見える光(可視光)ではなく、違う周波数の電波(光も一種の電波)で宇宙を見ようとしている天文台で、実際写真に写っているアンテナは直径45mにもなるそうです。

45mの形を維持するのはとても大変で、特に温度による金属の膨張および収縮による変化は特に考慮する必要があり・・・。などと話していると長くなってしまうので割愛します。

まぁ、説明する以前に知識が少なすぎるのですが。。

このアンテナ、今のところ世界でも有名な天文台の一つで、ハワイにあるすばる天文台と同じくらい有名だそうです。

ただ単に何もしていなそうで、宇宙の果てまで見えるというんですから、すごいものです。

こういうところに行くと、もともと星を見るのが好きで、そして宇宙のことを知るために物理学を始めた頃を思い出します。チャンスがあれば戻ろうかな・・・。

e0080257_0223297.jpg


にしても、この天文台は本当にすてきな場所にあり、周りは山に囲まれ、特に八ヶ岳は本当に綺麗で最近冬山のすごさに圧倒されるばかりです。
[PR]
by shun_wata199x | 2008-12-04 00:23