ブログトップ

あそび 時々 ブログ

tuspsw0056.exblog.jp

たまに書きます。

<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

entanglement
1.〔糸・人間関係{にんげん かんけい}などの〕もつれ、絡み合い
2.もつれたもの[状況{じょうきょう}・事情{じじょう}]
3.足手まとい
4.〈英〉《軍事》鉄条網{てつじょうもう}、わな◆通例 entanglements
5.《物理》絡み合い、エンタングルメント

Heisenberg uncertainty principle《物理》
ハイゼンベルグの不確定性原理

最近、研究も大分落ち着いて気がゆるんだせいか、火曜から風邪でダウンしています。明日には復活予定。

この数日間、何で物理を好きになったのかを考えてみた。

今までそんなことを考えてもみなかった。

多分(もともと大学受験時から好きではあったと思うが)、物理学を好きになったのは量子力学と言うものを勉強してからかもしれない。

通常、生きている世界(目に見えるような世界とでも言っておきますか)で、例えば、ボールを投げるとすると、投げる方向や速度などがわかると(こういうのを初期条件という)、どこにボールが到達すのかがはっきりわかる。

では、目に見えないような世界では、どうなのかと言うと投げる方向や速度がわかっても、「確率的に」しか到達するところがわからない。つまり何%のボールはここに落ちるし、何%のボールはあそこに落ちる・・・なんて具合に。

いわゆるこれが「不確定性」と言うもの。

これを聞いたとき、何かぴんときた。

「何だ。目に見えない世界の話だけど、人間が生きている世界と同じじゃないか。」

また、こんなものもある。(あらかじめ言うと、以下に述べる知識は全く皆無である・・・。)

「量子もつれ。量子エンタングルメント(量子もつれ)とも言い、離れた系の量子力学的な相関をさす。エンタングルした二つの光子は、片方の特徴が決まるともう一方もそれに応じて決まる。両者が遙か遠方に離れても、一方の偏光方向を測定すると、もう一方の偏光方向も同時に決まってしまうという、離れていても繋がっていると考えざるを得ない事象のこと。」

これじゃあわからないので、合っているかわからないけど説明を。

A君とBさんがいたとする。A君とBさんはとってもラブラブ☆ミ出会いのきっかけはとても運命的!!

普通、A君とBさんが近くにいるなら、お互い見詰め合えば「A君は近くにいる女性をBさんと認識し」、「Bさんは近くにいる男性をA君であると認識できる。」

しかし、もし二人が大草原にいたとしても1km離れていては、人がいるとはわかっても、お互いを認識することができない。はずが、そんなに離れていても、「そこにA君がいるなら、1km先にいる人はBさんであり」、「Bさんがいる1km手前の人はA君である。」

つまり、「この二人は結ばれる運命にあるぅ~!!」ということが起きるらしい。


結局、色んなことを書いてはみたけど何が言いたいのかと言うと、

人は生きている過程で、何かしら選択することが多い。

明日、何しようか。昼飯どこにしようか。みたいな日常の中の選択。

新卒で入る会社はどこにしよう。会社を変えるべきか。この人と結婚していいのか。みたいな人生において比較的大きな選択。

そこには大きな不確定性が生じている気がする。

人間関係だって、この人と組んで大丈夫なのだろうか。この人を信用してもいいのだろうか。みたいな人と人との絡み合い。

そう、ものすごく小さい世界で、日常とは全く無縁な世界を描写しているはずのものが、実は人間の生活にリンクしている気がする。

最も人間臭いものを科学的に学べるのが物理なのでは?

そんなことを感じたから好きになったのでしょうね!!ただ、研究者には向いていませんけどね。それはそれでまた別次元の話しだし。



あくまでも、個人的な主観なのでノークレーム、ノーリターン、ノーボーダーでお願いします。


では、また。

追記
[PR]
by shun_wata199x | 2007-11-30 04:49
あまり書いてしまうと現実に戻ってしまいそうで・・・。

うそ!帰ってきてから大分時間がたったので書く気があまりないのです。

まぁタイはこんな感じでした。e0080257_256979.jpg
とりあえず走る車の半分以上はタクシー。

そして走るバイクのほとんどは原付みたいなものとタイにしかないもの。どちらも日本のメーカー。

面白いのは信号がカウント方式で、信号が変わる時間がわかる。

帰りのタクシーの運転手に日本の信号もカウント式にしたほうがいいと言われたけど、便利そうだからそれには賛成ですね。

そうそう。
e0080257_37565.jpg
面白い乗り物を発見し、乗ってみましたよ。

象さん。

象に乗ってそこら辺をぶらぶらするわけですが、写真は象が水の中に入ったときので、いかに象の鼻が便利かがわかる。

最後に象と記念写真を撮ったのですが、予想通り象にチップを渡すことに・・・。

他にも色々あるのですが、明日も早いので今日はこんな感じで。

気が向いたら書くし、もっと詳細を聞きたい人はぜひ会ったときにでも。

ではでは。
[PR]
by shun_wata199x | 2007-11-02 03:13